美肌のためのおすすめスキンケアランキング

美肌におすすめなスキンケア

美肌のためのおすすめスキンケアランキングなんて表題をつけましたが、エコ肌生活記内の美肌スキンケアナンバーワンは全身肌断食。
つまり、頭から足の先まで何もつけない、何もしないスキンケアをおすすめしております。

しかし肌断食一択では面白くないので、肌に負担をかけない順に紹介してみようと思います。


1位:全身肌断食

筆者
ズボラな私でも
続いています。

価格はゼロ円

何と言ってもダントツは湯シャンを含む肌断食。
最近、化粧品が肌に負担になることが広く知られてきました。
肌のバリア機能は個人、個人で違い、強い人と弱い人とおられます。

その中でも肌の弱い方がちょっとした刺激で肌荒れをおこしやすく悩んでいます。
そしてこれまでのスキンケアで肌の様々な機能が破壊されています。

全身肌断食は、このような肌の弱い方の美容法であります。
そしてスキンケアのしすぎで、肌の環境を破壊してしまった方が、肌の常在菌や皮脂調整などの環境を整える美容法です。

化粧品や薬に頼らず、自分の肌の力できれいになるので経済的。
化粧品を使うスキンケアのような感触はなく、最初は角栓(肌のザラザラ)などで苦戦することも多いのですが、肌の環境が整っていくとサラッとした感触のよい肌になります。



2位:米ぬか粉末(とれるNo.1など)

米ぬか粉末だけで泡立てて洗顔します。
できれば夜だけ。

薄化粧くらいであれば十分落ちます。
※ファンデーションはワセリンで保護した上からお使い下さい。

ただし、アイラインやマスカラは、オイルでないと落ちません。
※どうしても必要な方は肌の他の部位につかないように落としましょう。

洗顔後は何もつけないのが理想ですが、乾燥が気になるようであればワセリンを薄くつけておくとよいでしょう。

米ぬか粉末はお風呂の浴槽洗いや湯シャンにも使えて便利です。

米ぬか粉末はドロドロに溶いたらパックになり、水で泡立てると天然の洗顔料になります。
肌断食を始めたものの、テカリや角栓(肌のザラザラ)で挫折しそうな方におすすめの方法です。


3位:クレイorガスール

非接触では泥もアウトとされていますが、 エコ肌ではクレイとガスールはセーフとさせて頂いております。
(ただし余計な成分が入っていないもの)

クレイやガスールは、スキンケアだけでなく、湯シャンのお供にもなり全身のスキンケアが可能。
肌への負担・ダメージをグッとおさえたスキンケア方法です。

テカリ肌をサッパリさせたいときに便利です。
角栓(肌のザラザラ)で悩んでいる場合は、泥パックにして湯船に浸かると落ちやすくなります。

肌へのダメージの少なさで言えば、上記の2位と変わりませんが、汎用性と使いやすさの点で3位にしました。



4位:純水でのスキンケア

肌が弱っている人、肌荒れがひどい人は、化粧水・乳液・クリームの一切を使わず、純水で肌を元に戻すという考え方もあります。

肌断食に入ったけれど化粧水がほしい!という場合は、低酸素弱酸性水100%の純水とワセリンのセットがオススメ。

純水なので、世間一般で売られている化粧水のようなダメージはありません。
また、肌表面の角質層になじみやすいように工夫されています。

ただ、この純水だけでは蒸発して乾燥してしまうので、ペアのトコフェロール入りワセリンで保護をするとよいでしょう。トコフェロールは、抗酸化作用があり、肌荒れ対策に向いています。
また、ワセリンを使いたいけど伸びが悪くて使いにくい、ベタつきがイヤという人にも便利です。

なお、肌断食ですでに肌が整っている人は必要がないので、そのまま肌断食を続けましょう。

純水&ワセリンのスキンケアは肌へのダメージもなくて便利なのですが、どっちかというと肌断食で挫折するのは、乾燥よりも角栓の方が多いということで4位となりました。


5位:グリセリン

上記の純水で保湿はOKという人が多いかと思いますが、中にはもっとしっとりさがほしいという方におすすめなのがグリセリン。

純水に入れて使うとゲルに近い感触が楽しめます。

ただし、使用量はなるべく控えめにしてください。
できれば使用頻度も減らしてください。

肌自身の機能(常在菌環境・皮脂調整機能・保湿機能)を早く元に戻したいのであれば、上記の純水&ワセリンペアで極力凌ぐことをおすすめします。

どうしても乾燥に耐えられない!というときの最終手段に・・・


肌力を利用したスキンケアこそおすすめのスキンケア

大丈夫

上記のランキングを振り返って見ると、お手頃価格のものが多い。
しかも1位の肌断食は無料です。無料。まさかタダが一番肌にいいなんて!

お金をかけるのがよいスキンケアとは限らないのです。

むしろ、スキンケアにお金をかけるようでは、いつまでたっても肌はよくなりません。
美肌を目指そうと思えば、スキンケアはしないくらい、忘れてしまうくらいがよいのです。

商品に頼るスキンケアではなく、自身の肌の機能を高めるようなスキンケアを筆者はおすすめします。美肌に導いてくれるのは、何と言っても、私たちの肌の力です。

私たちの肌には様々な機能が備わっています。
防御機能・皮脂調整機能・保湿機能などがあります。
正常に機能していれば、角質層は整っており、外部の刺激から守ってくれます。

その結果、肌荒れ、肌のトラブルが起こりにくい肌になるのです。

多くの人はこの肌の機能を化粧品によるスキンケアで破壊しています。

成分が多く配合されているほど肌に負担をかけます。
たとえ、有効成分と言われているものでも、あなたの肌に必要のないものや足りているものであれば、負担となってしまうのです。


食生活・生活習慣もスキンケアの一部

ダメ
↑NGです

また、食生活や生活習慣を整えることもスキンケアになります。

夜遅くまでスマホやタブレットで遊んでいる方、ダイエットによる栄養不足など偏った食事だと美肌はつくられません。

食事はバランスよく取り、睡眠時間は7時間以上(できれば8時間)取りましょう。

若い女性によくあるのですが、野菜・果物と炭水化物だけだと筋肉がつくられません。
タンパク質も十分に取って下さいね!

なお、最後に重要なことですが、手で顔を触らないように気をつけて下さいね!
手で顔を触ると結構大きなダメージになります。
肌がいたんでいるうちは大変かと思いますが、手で顔を触るクセをなおすのもスキンケアの1つと思って実践しましょう。


美肌のためのおすすめスキンケアランキング まとめ

・肌にダメージを与えず、肌の機能(防御機能・皮脂調整機能・保湿機能)を正常に保つのが肌断食というスキンケア方法。化粧品ではなく、自分の肌力で肌を整えます。

・肌断食初期、肌のザラザラ(角栓)やテカリに悩まされるようであれば、米ぬか粉末かクレイやガスールなどが便利。湯シャンにも使えます。

・純水で肌を整えるという考え方のスキンケアもあります。
ただし、肌表面を水浸しにすると、表面の角質層に含まれている水分も一緒に蒸発。
純水を使う場合はワセリンもペアで使いましょう。

・グリセリンなどの保湿剤は、どうしても耐えられない!と言うときの最終手段。
できれば使わずに、ワセリンだけで凌いでみて下さい。

・食事や生活習慣も重要なスキンケアの1つ。
むしろ、これが疎かだと、なかなか美肌に近づけません。

・関連ページ:シンプルスキンケアから始める


↑ PAGE TOP