顔のかゆみ、ピリピリ感の対策

顔のかゆみ、ピリピリ感の対策

触った

美肌を保つには肌に刺激となるものをトコトン避けることが大事。
シャンプー、リンス、トリートメント、洗顔フォーム、石けん、基礎化粧品はもちろん、手で肌を日常的に触らないことも重要な要素です。

しかし、顔にかゆみがあったり、ピリピリ感があると、思わず触ってしまった、撫でてしまったということもよくあるようです。最悪の場合、掻きむしってしまい、悪化させてしまったというケースもよく見受けられます。

う~む、肌を触らないってカンタンなようで難しいようですね。

今回は、肌の痒みやピリピリ感を鎮める方法に迫ってみます。
保冷剤とハンカチ、ワセリンがあれば、わりとカンタンにおさまります。



顔を冷やしてみる

顔を冷やすと、かゆみが治まる場合があります。
しかし氷や保冷剤をそのまま顔にあてると、かゆみがひどくなったり、赤ら顔の原因になりますのでご注意下さい。

保冷剤

顔のかゆみをしずめるためには、保冷剤をハンカチでくるんで冷やすとよいでしょう。できればハンカチで2重に包んだ方が無難です。顔に強く押しつけないよう、軽く当てる程度がよいでしょう。

私がまだ肌断食をはじめて間もない頃、汗などで顔がかゆくなったとき、この方法で顔のかゆみを治まらせました。

また、この美容法は冷却美容と呼ばれ、肌を冷やすことで、肌が自ら温度を取り戻そうとするので肌の代謝を活発にします。

写真は、保冷剤をハンカチにくるんだもの。保冷剤はデパ地下で溜めました。
デパ地下の惣菜やスイーツについている保冷剤はストックしておきましょう。


冷却美容はやり方によっては逆効果!

・保冷剤や氷を直接肌に当てると逆効果です。
必ず、ハンカチかタオルに包んで冷やしましょう。
氷で直接冷やしたり(冷やし過ぎ)、冷水洗顔(寒い)は悪化の元。
言うまでもなく寒い冬に氷水洗顔は自爆です。

・同じ箇所を長く冷やすと赤みが出ることがあります。
冷やし過ぎには気をつけましょう。

・温かい部屋で行いましょう。

・角栓づまりが気になるうちは、適度に角栓を取りながら実践しましょう。
→メイクをされる方の水洗顔をご参照下さい

・保冷剤の角や手の爪で肌をひっかかないように気をつけましょう。

・当然ですが、保冷剤を包むハンカチに刺激物がついていないことが重要です。
柔軟剤、除菌剤などついていませんか?新品ではありませんか?
トップクリアリキッドで2回洗ってお使いください。

また、冷やしすぎると、返って寒くなり、寒いというストレスが発生。
寒い部屋でおこなって鳥肌が出るくらい寒くなればれっきとしたストレス。
寒い暑いのストレスでも肌のバリア機能が低下するのでご注意下さい。
冬場に行う場合は、必ず部屋を暖かくしておこないましょう。
寒い中無理しておこなうのは逆効果です。


顔のほてり、のぼせにも

保冷剤が大活躍!

顔のほてりやのぼせの場合も、冷却美容で顔の熱を散らしてあげることで治まることがあります。

顔のかゆみだけでなく、赤み、ほてり、ピリピリ感など肌が熱を帯びている場合も顔を冷やすとしずまることがあります。

夏場や暑い時期の顔のほてりにも重宝します。

緊張して顔がほてったり、冷えのぼせ(手足などの末端が冷えて上半身または顔だけが火照る)にも適しています。

また、肌がかぶれて赤くなった、炎症を起こしてピリピリしている場合の熱を抑えてくれるので、肌のピリピリ感やかゆみを鎮静します。

逆に顔に熱がない場合、顔色が悪い、顔が青白い場合は向きません。冷えのぼせ体質の方は足を靴下などで温めながらおこなうとよいでしょう(頭寒足熱)。



顔のかゆみにはワセリンも重宝する

もうひとつ顔のかゆみの原因に、キメの乱れがあります。

界面活性剤などのダメージで表面の角質がめくれてキメが乱れると肌がカサつき、かゆみを生じることがあります。

この場合は、角質がめくれているところ(白い粉をふいていたり、皮むけしているところ)にワセリンをつけて角質をつなげておくことで、かゆみの応急処置ができます。


かゆみ対策を実践すると

黒ずみ
冷却美容を始める前。

毛穴
冷却美容約1週間。

炎症のある部分を冷やしたり、角質をつなげるためにワセリンでカバーすることを続けていると、角栓ができにくくなり、毛穴の開き、すり鉢毛穴が落ち着いてきました。

おまけに私は冷えのぼせ体質。ちょっと暖かい部屋に入ったり、暑かったり、緊張するとのぼせて顔が赤くなってしまいます。
このような体質には適度に顔を冷やすことで症状を落ち着けることができるようです。

また、これまで発症していた細かい肌トラブル(部分的な赤みや乾燥)がなくなりました。
全身肌断食で肌荒れは格段に減ったのですが、無意識の自爆(自分で触るなど)によりまったくないと言うわけではなかったので、これはちょっと新しい発見。

何よりも外を歩いていても、作業をしていても顔がピリピリしたり、カサカサしたり、かゆくならないのがウレシイ所。お陰で顔を手で触る機会も減りました。

保冷剤をハンカチにくるんで顔を冷やすのはちょっと面倒くさいと思われがちですが、ゲームをしながら、テレビを見ながら、お茶を飲みながらなど「ながら作業」でできる美容法です。

そして何と言っても経済的。
保冷剤はデパ地下で手に入りますし、ワセリンも200~300円くらいで買えちゃいます。

また、毎日行っても肌に負担がかからないのも嬉しい。

このような顔のかゆみ対策を1週間実践すると、赤み・くすみがひき、顔色が明るくなりました。
感触もサラッと滑らかになり、毛穴の黒ずみもさらに改善。

ちなみに顔のかゆみ対策を実践するにあたって、最初はとれるNo.1を少量ですが使用しておりました。その後、角栓ができにくくなり、肌の感触がよくなったので水洗顔のみです。
→とれるNo.1についてはこちらをご覧ください。


顔を冷やす場合は体質や季節も考慮しましょう

悩む

言うまでもなく、顔を冷やすこの方法、寒冷アレルギー、寒冷蕁麻疹の人にはむいていません。

する人はいないかと思いますが、寒い時期に顔を冷やすと血流が悪くなります。また、顔の血行が悪い人、青白っぽい人には不向きです。

多くの場合は、肌に何ら影響はありませんが、季節やご自分の体質を考慮して行われることを推奨します。


冷却美容が適するかチェック

・暑い時期などで肌に熱がこもり、顔が赤くなりがちな場合→OK
・手足など末端は冷えても顔だけ熱がこもり色が違う場合→OK
・寒くて毛穴が閉じている場合、顔が冷たい→NG→意味がありません。
・暖かい場所に行くと皮脂でテカる場合→OK
・年中通しで皮脂不足による乾燥肌→NG→対策はワセリンだけにしましょう。
炎症(刺激)による乾燥肌→OK
・顔の血行が良くない人、青白い顔の人→NG→前述2のとおりです。
・寒冷蕁麻疹や帯状疱疹→NG 絶対にやってはいけません。

かゆみやピリピリ感など炎症を起こしている場合は、とりあえず症状を軽減してくれるので、触る、ひっかくという危険が減ります。ただしそれが冬場ならハンカチを厚めにまいて温度を加減するか、ワセリンを使ってかゆみやピリピリ感を鎮めましょう。
また、上記のように同じ乾燥でも炎症による乾燥なのか、それとも皮脂が不足していることによる乾燥なのかで分かれます。



口周りのニキビ、乾燥などの肌荒れの改善

中央

私の場合、口周りの肌荒れが多発し、肌にダメージとなるものを避けているつもりでもやはり「自爆(触る)」を繰り返していました。

暖かい季節は口周りにニキビができ、ちょっと涼しくなると口周りが乾燥したり、年中、再発を繰り返していました。

顔がいつもかゆかったり、ピリピリしていたのでイライラしていました。(写真では分かりにくいのですが、時々粉吹きや皮むけがありました)

しかし、保冷剤とハンカチで顔を冷やしたり、粉を吹いているところをワセリンでカバーすることを1週間くらい続けていると、口元がしっとり柔らかくなっていきました。

おかげで今は口周りのニキビや乾燥(特に口の端)が改善しました。
唇にも効果があったのはビックリです。
→ただし冬の場合やストレス過多な生活による乾燥の場合、もう一つの対策が必要です。

写真では分かりにくいですが、生理前でも口周りのニキビもなく、くすみもなく快適な肌。
顔のかゆみがないと本当に快適で、触るのも忘れちゃいます。

肌断食や非接触を真剣に実践しているのに肌が改善しない人、改善が止まってしまった人は、接触を見つけるのは大変かと思います。

カサカサ、ピリピリ、痒みなど出てきたら肌が炎症を起こしている可能性が高いので、接触を見直しながら、ワセリンや冷却美容をおすすめします。

日焼け後のほてりにもよいでしょう。


冷却美容はニキビを潰してしまった時の応急処置にも

冷却美容はニキビをうっかり潰してしまって炎症を起こし、ヒリヒリ痛い時、炎症を沈めて痛みを鎮めます。

1.まず、保冷剤とハンカチで5~10分、潰してしまって痛い部位を冷やします。炎症を鎮めるためです。

2.その後、キズパワーパッドで湿潤療法しましょう。
キズパワーパッドはスポットタイプが便利。
※湿潤療法とはキズを潤わせて早く治す治療法です。

間違っても消毒や殺菌をしてはいけませんよ。
治りを遅くし、跡が残りやすいから。


冷却美容もワセリンも応急処置、基本は刺激を避ける

冷却美容もワセリンも「とりあえず」顔がかゆいという症状を鎮める応急処置。

顔のかゆみやピリピリ感の鎮静、炎症を抑える、毛穴を引き締める、テカリを抑えるなどという作用がありますが、根本の原因(刺激への接触)を断ち、予防するようにしましょう。

肌の防御力に対して刺激の接触が多ければ冷却美容を実践していても症状が出たりします。
やはり肌荒れは根本から改善したいものですね。

そのためにも、肌に刺激のあるものはなるべく付着させないよう気をつけたいものです。
しつこいようですが、シャンプー、リンス、トリートメント、洗顔料、石けん、基礎化粧品、ヘアケア剤、除菌剤、殺菌剤、スプレー、そして身の回りの抗菌加工されたもの、柔軟加工されたものなどは、敏感肌に刺激となります。

日常的に肌を手で触らないことも重要ですね。
ただ、あんまり神経質になるとストレスになるので、気づく範囲内で、気をつけましょう。


冷却美容は感触をカバー

きれい

冷却美容を毎日実践していると、顔に弾力が出て肌触りがよくなってきました。角栓もできにくくなり、肌も滑らかになってきたので今では補助もいりません。

サラサラしているのに、モチっとした感触。まさに「もち肌」。
丸でゴム毬のようです。
20代の頃でさえ、こんなにハリのある肌ではありませんでした。

堂々とすっぴんで歩けます。

好みもあると思いますが、ハッキリ言って「化粧品を使った肌」よりも、よい感触です。

基礎化粧品のクリームや乳液、ゲルの役割は肌の表面にとどまってコーティングし、滑らかに見せ、感触をよくしますが、この人工的な感触ではないのです。

この実践を通じて私は思いました。
保冷剤とハンカチさえあれば、基礎化粧品などいらない
冷却美容によって、肌断食をしっかり実践しながら化粧品の長所も味わえてしまうのです。


エコ肌では心地よい冷却美容を推奨

冷却美容は、保冷剤とハンカチを使う方法の他、氷を顔の上で直接転がす方法や氷水で直接顔を洗う方法があります。

しかし、氷を直接顔の上で転がしたり、氷水で洗顔すると、気持よくありません。それどころか、冷たい、寒いというストレスが伴います。
また、冷たすぎて逆に赤みが出ることも。

きれい

エコ肌では、心地よい冷却美容、つまり保冷剤をハンカチにくるむやさしい穏やかな冷却をおすすめしております。

このような方法を実践した読者様からも気持ち良いとの声を頂いております。
ストレスになるような美容法は逆効果。
同じことなら気持ちいいものがいいですね!

リラックスできるような冷却は、安眠をさそいます。


顔のかゆみ対策 まとめ

・顔を保冷剤とハンカチで冷やすとかゆみや赤みがひく場合がある。

・角質がめくれている顔のかゆみはワセリンでカバー。

・氷や保冷剤を顔に直接あてるのは、赤ら顔の原因となり逆効果。

・寒い季節や青白い顔、血行不良は冷却美容は向かない。

根本的には、肌に刺激となるものを付着させないことが第一。
ストレスにならない程度に気をつけましょう。



↑ PAGE TOP