肌断食中に角栓で肌がザラザラになる方へ

肌断食の角栓・毛穴対策

メイクをしている方の肌断食は思う以上に大変

ボチボチ毛穴

最悪期の私の鼻の毛穴

肌断食を始めた初期はまだ肌が整っていないので、角栓や毛穴が気になる場合が多い様子。

私のようなすっぴんはまだしも、角栓でザラザラな肌だと化粧ノリがよくありません。ザラザラの上にメイクをしても冴えないのが肌断食のイタイところ。

メイクをしながら肌断食をされる場合は、角栓・毛穴を乗り越えるまでが大変です。


まずはファンデーション選びに注意!

唇

一番いいのは肌が整うまでは、メイクを控えること。
しかし毎日オフィス通いの女性にとってそれは困難。

メイクを全部やめてしまうのは酷です。
そこで、肌断食をしている間は薄化粧のみ可能です。
(ただ、しないに越したことはありません)

ファンデーションは粉状のもので、リキッドファンデやUV機能のついていないものを選びましょう。ワセリンやシンプルベール(サウンドスタイルに置いてあります)を下地に薄化粧するとその分皮膚へのダメージが軽減されます。

なお、サウンドスタイルで販売されているファンデーションは、ワセリンやスクワランが含まれているので、そのままつけてもOKです。

パフで擦るようにつけるのではなく、柔らかいブラシでつけたほうが肌に負担がかかりません(ただし洗ってから使いましょう)。→水洗顔をしている方のメイク

※口紅もワセリンで保護した上からつけるとよいでしょう。


マスカラなどの濃いメイクをされる方は肌断食に向きません

迷い

マスカラやコンシーラーなど、オイルやクリームなどがないとメイク落としができないメイクの場合、残念ながら肌断食には向きません。

マスカラやコンシーラーをやめて肌断食に専念していただくか、肌断食をあきらめて化粧品でのケアにしていただくかの選択になります。

真から肌をきれいにしたい方は少しの辛抱で前者の方がよいでしょう。しかしひっきりなしにメイクが必要な方、職業上派手な化粧が必要な方は後者がよいかと思われます。


どんな薄化粧ならセーフ?

ナチュラル

普通のアイシャドウ、頬紅はセーフラインです。
マスカラはオイルなどの強いクレンジング剤がないと落ちないのでアウト。

ファンデーションは上記に述べたとおり、リキッドものやUV機能付きを避けるとよいでしょう。

下地はしつこいようですが、ワセリンかシンプルベールがおススメです。
サウンドスタイルのファンデーションであればそのままつけてもOKです。



湯シャン、水洗顔も一緒に実践

上から下

肌断食だけを実践して肌を改善するのは限界があります。

肌断食を実践するなら、湯シャン(湯だけで洗髪)、水洗顔も一緒に実践したほうが改善率が高く、早くよくなります。

シャンプーを使っていれば、そのすすぎ湯が顔に落ちてきますし、洗顔に泡を使っていれば肌は傷みます。

また、肌を日常的に触らないことが重要です。
(触るとその分刺激物が肌に付着する機会を増やします)


角栓(肌のザラザラ)対策

肌荒れ

本題の角栓対策ですが、一番肌をいためず、簡単に取れるのが、この方法です。

1.水洗顔後、湯船に10分間浸かって温まり、角栓をふやかします。
(角栓がふやけると白いニョロっとしたものになります。)
2.顔の水気をタオルで一旦取ります。
3.角栓が気になる部分(白いニョロっとしたもの)を指でやさしく落とします。
※強くこすらないように気を付けてください。

指でやさしくこすって落ちるくらいの角栓は落としてしまってもOKです。
手ぬぐいでやさしく拭っても構いません。

ただ、上記のような処理をしても落ちない角質はまだその肌にとって必要な角質です。
気になっても擦って落とさないように気をつけましょう。

改善

改善後の私の鼻の毛穴

誤って強くこすって落としてしまった場合は、放置でOK。
角栓の所にぽっかり毛穴が開いていても放置です。
次、気をつけようくらいの気持ちで気長に実践しましょう。

毛穴は肌の改善とともに目立たなくなっていきます。

気にし過ぎるとストレスで肌の調子も狂いがち。

鏡を見て気になる部分を触ったり、こすったりしていませんか?
触ると悪化。気をつけましょう。

なお、肌の状態によっては、他の角栓対策も行うことができます。
詳しくは肌タイプ別角栓対策をご覧ください。



角栓ができる原因と対策

睡眠

角栓が異常にできてしまう原因は、主に3つあります。

1.肌へのダメージがまだ続いている。
肌にダメージが続くと肌が自身を守ろうとして厚くなります。
だから肌断食・水洗顔を始めたばかりの方は角栓でザラザラ。
でも気にしないで下さい。
肌がまだ改善していないうちは、適度な角栓で肌を守ってもらいましょう。
肌の環境(皮脂の調整機能、常在菌のバランス)が整ってくれば角栓は落ち着いてきます。

2.皮脂の調整機能が整っていない。
角栓は皮脂と角質でできています。
なので当然、皮脂が多い場合は角栓が多くなります。
皮脂が過剰に分泌されるのはこれまでの洗顔のしすぎ。クレンジングのしすぎ。
そして角質ケアのしすぎ。この3つをやめれば徐々に落ち着いてきます。

3.肌のターンオーバーが正常でない
新陳代謝が正常でないため、細胞の生まれ変わりが遅れています。

このような事態を防ぐには、十分な睡眠(7~8時間)、バランスの取れた食事、適度な運動を心がけましょう。くれぐれも無理なダイエットは禁物です。


角質ケアは逆効果

ちなみに、肌のターンオーバーを早めようと角質をバリバリと剥ぐケアがありますが、このようなケアは言うまでもなく肌を傷めてしまいます。

それどころか、肌表面の細胞が未熟なまま、もっと言えば肌が弱い状態を保ちます。
肌のバリア機能を低下させ肌荒れしやすい肌になってしまいます。

角質クリアゲル、鼻に貼ってピリッと剥がすものは使用しないほうがよいでしょう。
トレチノインは医師の指導のもとでお使いください。(ただし使用期間キビシイです)


メイク(薄化粧)を落とすときはどうすれば?

前述のように、オイルやクリームなどを使うと、肌に負担がかかります。

メイクは手ぬぐいでやさしく拭って落とすのが一番。強く擦らないように。
その際、少々残っていても、10分間の入浴タイムで大方落ちます。

メイクをしながらの肌断食は10分間の入浴タイムは特に重要です。
のぼせやすい方は湯の温度を下げて長めに温もりましょう。

それでも気になる方は、米や麦のヌカで出来ている「とれるNo.1」をおすすめします。

メイク落としや角栓対策に便利です。
角栓対策に使われる場合は量を使い過ぎないようにお気をつけ下さい。
→詳しくは水洗顔をしている方のメイク

2,400円とお手頃価格なのもウレシイ所。
やはり薄化粧向けに作られています。濃い化粧の方には向きません。
ただ、できるだけぬるま湯と手ぬぐいだけに超したことはありませんので、徐々に慣れていくとよいでしょう。


今風のメイクに注意!

最近、流行っているつけまつ毛。
これを日常的に使っていると、自前のまつげが抜けやすくなります。
まつげが抜けると目を保護するものがなくなり、目にゴミが入りやすくなり危険。
つけまつ毛がやめられなくなる可能性もあります。

また、アイラインやマスカラもまぶたのくすみの原因となることがあります。
さらにアイラインやマスカラ、アイシャドーを落とすのにまぶたをゴシゴシこするとまぶたがたるみやすくなるのでご注意ください。

関連ページ:

・肌タイプ別角栓対策



↑ PAGE TOP