ニキビや肌荒れ用のサプリが必要な場合は?

ニキビや肌荒れ用のサプリは必要?

サプリメント

市場にはニキビや肌荒れ用のサプリが出回っています。

しかし肌荒れの原因がビタミン不足でない場合や日頃からバランスよく食事をとっている方等には不要な出費となるばかりか、栄養の過剰摂取となって不調を起こす原因となります。

また、サプリメントは添加物も多く含まれているので使わないのに越したことはありません

規則正しい生活をしていながら、スキンケアのしすぎなどで肌の環境が破壊されているケースでは、ニキビ用サプリ、肌荒れ用サプリよりも、肌に負担をかけないケアが必要です。
肌断食と湯シャンが望ましいですが、シンプルケアにするだけでもずいぶん違ってきます。
また、顔を手で触らない、柔軟剤を使わないなど気を付けましょう。

というワケで、肌荒れ用のサプリメントが必要なケースは以下の通りです。


ビタミン不足、食事の栄養が偏っている、疲れ・過労ケース

かぼちゃ
筆者のおススメその1

ビタミンB2が不足すると疲れやすくなるだけでなく、ニキビなどの肌荒れの原因となります。ビタミンB2には皮膚や粘膜を正常に保ったり、脂質などをエネルギーに分解する作用があります。

また、残業続きだったり、ハードな仕事、飲み会などで疲れが溜まったりするとビタミンB2の消費が早くなり、疲れ、ニキビ、肌荒れなどの原因となります。

市場にはニキビに特化したビタミンB2のサプリが出回っていますが、できれば野菜や豚肉など、天然の食材でとりたいたいものです。

豚肉にはビタミンB2だけでなく良質のたんぱく質も含まれていて筋肉を作ってくれます。
また、かぼちゃは肌に必要なビタミンがたっぷり含まれています。

筆者がおすすめするニキビ・肌荒れ向けのサプリはズバリ…かぼちゃです!
サプリメントじゃないじゃん!はい。マルチビタミンの食材かぼちゃです。
スーパーで安く売られていて簡単に手に入るスグレモノです。
筆者は受験戦争の高校時代、かぼちゃでニキビを減らした経験があります。
写真のようにそぼろ煮にすればタンパク質も一緒に取れて一石二鳥です。

ニキビ用サプリは忙しくて料理も難しい人や好き嫌いが多い人向けかと思われます。



ストレスの影響を受けやすい体質、ストレスの多い環境

ストレスを受けやすい体質やストレスの多い環境に身をおいていると、血中の活性酸素濃度が濃くなっていきます。その活性酸素を除去するためにビタミンCが大量に消費されます。

ビタミンCが大量に消費されると、コラーゲンやエラスチンの生成を助けるのにビタミンCが行き渡らなくなります。

コラーゲンやエラスチンは肌のハリ・うるおいを保つのに重要。
ニキビや肌荒れのケアにも当然必要です。

なのでこのような場合は、3時間おきくらいにビタミンCのサプリメントを用いるとよいでしょう。
ドラッグストアにおいてある安いもので大丈夫です。
※水溶性ビタミンなので少々多めに取っても大丈夫ですが、必要量は個人で異なるため、体の様子を見ながら微調整してください。

ビタミンCはニキビだけでなく肌荒れ全般に向くサプリメントです。

一口メモ:かぼちゃを食事に取り入れるとビタミンCサプリの消費をおさえることができます。
手軽に食べられる美味しい果物にも助けてもらいましょう(ただし食べ過ぎると冷えに)。


ホルモンバランスを謳ったサプリメントはどうか

納豆
筆者のおススメその2

ニキビの間接的原因の一つとしてホルモンバランスの乱れがあります。
ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が多くなり肌が皮脂でテカります。
そして古い皮脂が残って酸化し、毛穴をふさぎニキビができやすくなります。

ホルモンバランスをうたい文句にしたニキビ用サプリメントが時々見受けられますが、多くはピルのようには効きません。

できる範囲内でホルモンバランスを整えたいなら1日1パック納豆を食べた方がよいでしょう。
血流もよくなり、生理痛の緩和にも便利です。
また、納豆には肌や粘膜を健康に保つビタミンB2も含まれています。
かぼちゃに続いて、筆者おすすめのニキビ用サプリは納豆です(またサプリでない…)。

なお、ホルモンバランスを整えるには規則正しい生活習慣も必要です。
睡眠時間をしっかりとりましょう。



コラーゲンのサプリはどうか?

鶏肉鍋
鶏鍋やキムチ鍋で肌にうるおいを

ニキビや肌荒れには保湿も必要だとコラーゲンのサプリメントやドリンクを取り入れる人もいます。

しかし、コラーゲンをサプリメントやドリンクから取ったからと言ってすぐ肌にいくとは限りません。それよりも生命を維持するのに必要な臓器にとられがちです。また、サプリメントで摂ったコラーゲンはアミノ酸に分解されます。

コラーゲンのサプリをとるよりは、鶏肉などたんぱく質をふんだんに含んだものを料理して食べて、体内で他の栄養素(ビタミンCなど)と結びついてコラーゲンを生成してもらう方が効率的です。

良質のたんぱく質をとると肌がしっとりすべすべしてきます。
コラーゲンサプリがまったく意味がないとは言いません。
少なくともコラーゲン生成に必要な原料(アミノ酸)となってくれます。

しかし、同じことなら、肉調理など美味しいものを食べて自分の体内で生成してもらった方が経済的ですし、効率的です。

肉、魚、野菜、果物と食事をバランスよく取られている方はコラーゲンのサプリは必要ありません。コラーゲンのサプリも忙しくて料理が難しい人や好き嫌いが多い人向けかと思われます。


肌荒れ用サプリメントよりもスキンケアの見直しを

食事をバランスよくとり、さほどストレスの多い環境でなく、規則正しい生活を送っているのであれば、ニキビや肌荒れ用のサプリメントは必要ありません。

このような生活でニキビや赤みなど肌荒れが発生しているなら、スキンケア等による肌の環境の乱れが原因かとおもわれます。

メイクや基礎化粧品だけでなく、シャンプーやトリートメントなども肌にダメージとなり、肌の環境をこわし、皮脂の調整や外的刺激からの防御機能が低下してしまいます。
また、顔を手でさわるクセのある人、柔軟剤を使う人も肌に大きなダメージを与えています。
サプリメント云々よりも肌にダメージを与える生活をしていないか振り返ってみましょう。

したがって
美肌には高価なサプリメントも高価な化粧品も必要ありません。

あえていうなら、ビタミンCだけで十分です。
自身の環境や体質を考えて、適度に取り入れるとよいでしょう。

なお、サプリメントは添加物も多く含まれており、体に負担をかけますので最小限にしましょう。


ニキビや肌荒れにサプリメントが必要な場合 まとめ

・食事のバランスがよく、規則正しい生活を送っている場合はサプリメントは不要。

・サプリメントは添加物が多いのでなるべく控えた方がよい。

・ストレスが多い環境、ストレスを受けやすい体質の場合はビタミンC。

・ニキビや肌荒れ用のサプリは、かぼちゃなどビタミン豊富な食材でカバーできる。

・納豆は、肌を健康に保つビタミンB2、ホルモンバランスを整えてくれる大豆イソフラボン、血流をよくしてくれるビタミンKなど、美容食材として優秀。

・ニキビ・肌荒れ用サプリよりもスキンケアの見直しを。
できれば肌断食と湯シャンが望ましいですがシンプルスキンケアにするだけでも違ってきます。


↑ PAGE TOP