鼻の毛穴の黒ずみはマイクロスコープでチェック!

肌断食で毛穴の黒ずみはどこまで改善できる?

湯シャンを含む肌断食を始めて1年くらいは毛穴の黒ずみや肌の赤みなどに変化が感じられる人が多いと思います。
しかし、2年、3年と重ねていくにつれて、毛穴の改善が止まったという人もおられます。

湯シャンと水洗顔、肌断食をきっちりおこない、手で顔を触っていない、柔軟剤も使っていないとなると肌へのダメージはほぼありません。
このような状態が半年も続けば、毛穴も整ってきます。

しかし毛穴を小さくするには限界があります。
遺伝というものが立ちはだかってきます。


毛穴は遺伝的要素も含まれる

昔の毛穴

実は元々の毛穴の大きさは遺伝的要素もあります
さらにその毛穴から生えているうぶ毛が太くて目立てば、毛穴自体は改善していても、毛穴(実際には太いうぶ毛)が目立っているという感じになります。

特に鼻の毛穴の黒ずみは、太くて短いうぶ毛が原因で黒ずんで見えたというケースもあります。

どうやって見分けるかというとマイクロスコープで見てください。
毛穴が広がって黒ずんでいるのか、毛穴の周りが黒ずんでいるのか、それともうぶ毛のせいなのか拡大してみれば一目瞭然です。
※マイクロスコープに関しては毛穴ケアのページをご参照ください。

一番よくないのが、マイクロスコープで確認もせずにあきらめてしまうことです。
写真のような鼻の毛穴の状態(うぶ毛でなく毛穴の黒ずみ、毛穴のまわりの黒ずみ)だとまだまだ肌断食で改善の余地があります。まだ皮脂の分泌が多く、酸化して黒ずんでいる状態ですので、肌の環境が整っていけば、徐々に変わっていきます。

毛穴は確かに遺伝的要因もありますが、肌へのダメージがなくなり、肌の環境が整ってくればずいぶん目立たなくなるはずです。



肌断食は自分の肌の力できれいになる美容法

黒ずみ
肌断食5年の鼻付近の毛穴拡大

ただ、肌断食自体はムダではなく、自分の肌がきれいになれる範囲内できれいになることができます

ニキビや赤みなどの肌荒れであれば、肌にダメージを与えるものや、肌の環境をこわすものがないので、自らの新陳代謝(細胞の生まれ変わり)によって、健康な肌に生まれ変わりやすくなるのです。

しかし肌断食というのは、自分の肌の力の範囲内でしかきれいになることができません。

生まれつき毛穴が大きい人、生まれつきうぶ毛が太い人などは、毛穴の状態は整っても、(以前に比べて)毛穴の黒ずみが目立たなくなったというところまでしかいきません。

上の写真は現在の私の鼻付近の毛穴を間近で撮ったものです。
拡大写真とはいえ、まったく毛穴が見えていないというワケではありません。
皆さまはどう思われるか分かりませんが、以前に比べて随分小鼻付近の毛穴が目立たなくなったと自分では実感しております。

しかし、若い芸能人のように「ほとんど毛穴が見えない状態になること」を想像していたら、落胆してしまうかもしれません。
※生まれつき美しい芸能人もおられますが、整形美人も多いことをお忘れなく。


肌断食を実践してみると鼻の毛穴の黒ずみに変化が

毛穴の黒ずみ
肌断食6ヶ月の鼻の毛穴

毛穴
肌断食1年の毛穴

毛穴
肌断食5年経過の鼻の毛穴

そうは言っても、肌断食を実践する前と後とでは毛穴の状態はかなり違います。

筆者は、毛穴が大きい家系で、うぶ毛も太く、小学2年生の頃から毛穴が見えていましたが、肌断食を1年以上実践すると頬や鼻の毛穴が大分目立たなくなりました。

写真は私の鼻の毛穴をマイクロスコープで撮ったものです。

写真のように肌断食半年では毛穴にあまり変化がありません。
まだ肌の環境が整い始めたばかりだからです。
しかし、1年経過すると大分毛穴の黒ずみが小さくなっています。5年経過の今はもううぶ毛があるくらい。
1年経過~5年経過までの毛穴の変化はとてもゆっくりだったので、省略しました。

生まれつき毛穴が大きくて生えているうぶ毛も太いので、まったく毛穴が見えないというわけではありませんが、ここまで変わることができました。

まだ肌断食を知らない若いときは、洗顔やら、角質クリアゲルやら使い、肌の環境(常在菌環境など)をブチ壊していました。
だから分解しきれなかった余分な皮脂が残り、テカって酸化して毛穴の周りまで黒ずんでいました。あのころとは大違いです。

毛穴が大きく皮脂の分泌も多く、おまけにうぶ毛まで太い筆者でも湯シャンと肌断食でこのくらいにはなれたわけです。


自分の肌の力以上の美しさを手に入れたいなら

一番無難な方法がメイクです。
肌断食で整えた肌にうすくワセリンをつけて肌を保護した上からメイクしてみて下さい。
パフでなく柔らかい毛のブラシでファンデーションをうすくのせてみてくださいね。
きれいに整った肌であれば化粧ノリがいいはずです。
いかがでしょうか?毛穴、大分見えなくなったと思います。
※まだ肌荒れや赤みが改善していない人はなるべくすっぴんを推奨します。

すっぴんでもさらに毛穴を小さくしたい!という人もいらっしゃるかと思います。
肌断食で整えた毛穴でも十分目立たないとは思うのですが、鏡をグッと近づけてみて毛穴が見えているのであれば満足できないという人もいると思います。

そんな人には最終手段。
美容皮膚科にご相談下さい。
ただし、結果は保証できません。
筆者だったらやりません。

マイクロスコープでチェックしてみて鼻のうぶ毛ではなく、毛穴自体が黒ずんだままであれば、まだ肌に何かダメージが及んでいたり、肌の環境が整っていない可能性があります。手で顔を触っていないか、柔軟剤は使っていないかなどチェックしてみましょう。

そうではなく、鼻のうぶ毛が太くて目立っているという方は、鼻のうぶ毛は短くて肌表面スレスレの長さのことが多いので剃るというわけにもいかないので、思い切って脱毛するのも1つの手かと思います。※ただしおすすめはしません

なんだかんだいっても、まずは、自分が生まれ持った肌を大切にし、自分の肌の力を最大限に活かして、健康な肌になってから検討したらよいかと思います。

赤みやニキビがないだけでも快適ですし、十分きれいに見えます。
そこからそれ以上のきれいさを望むのであれば、美容皮膚科などの力を借りるのも1つの手だと筆者は考えます。



毛穴ケア商品はどうなの?

毛穴

市場には、数々の毛穴ケア製品が出回っています。
角質クリアゲル、毛穴パック、スクラブ、ピーリングなど・・・

しかしこれらの多くは、肌にダメージとなり、肌の環境をこわし、
肌の機能を低下させてしまいます。

例えば肌の常在菌環境。
肌の常在菌環境が乱れていれば、うまく皮脂が分解されず残ってしまいます。すると時間が経つと毛穴付近の皮脂が酸化して毛穴の黒ずみの原因となってしまいます。

例えば肌の皮脂調整機能。
洗いすぎで皮脂を取りすぎてしまうと、肌はもっと皮脂が必要だと判断し、より皮脂を分泌するようになります。上の常在菌機能も狂っているため、古い皮脂が溜まっていくばかりとなり、毛穴の黒ずみの原因となります。

毛穴ケア商品は使った直後はある程度きれいに見えたり、感触もよいですが、時間が経つと元通りですし、何より肌にダメージを与えてしまいます。

肌断食であんなに改善していた毛穴がピーリングで元通りに・・・
ああ、やっぱり肌断食に戻ろう。
・・・という経験をした人が私を含めて結構いらっしゃるようです。

そもそも、スキンケア商品は「きれいにする」ものではなく、「きれいに見せる」ものです。


肌断食で毛穴の黒ずみはどのくらい改善するか まとめ

・自分の肌の力の範囲内で毛穴は小さくなります。
湯シャンを含む肌断食を実践すれば、パッと見て目立たないくらいになります。

・毛穴の大きさやうぶ毛の太さは遺伝的要因があります。
しかしそうであっても毛穴を含めて肌の環境が改善していれば、ゲッ!汚い!というような毛穴の肌ではないはずです。

・毛穴ケア商品は返って肌をいためたり、肌の環境を壊してしまう可能性が高い。

・毛穴が何が原因で黒ずんでいるのか、そして順調に改善していっているのかチェックするためにマイクロスコープは必要。

・多くは肌の環境が崩れて古い皮脂が分解されないために酸化して黒ずんでいます。

↑ PAGE TOP