湯歯磨きの歯ブラシ選び

湯だけの歯磨き 歯ブラシ選び

歯磨き粉を使わずに、湯だけで歯を磨くと、歯垢が取れやすい。
泡が邪魔にならず、磨きやすい。
口の中が泡でいっぱいになって口の端に垂れて肌荒れという事態になりにくい。
等と言ったメリットがあります。

しかし、湯だけの歯磨きを実践する上で、いえ、普通に歯磨き粉を使う場合でも気をつけてほしいのが、歯ブラシ選び。

虫歯がないか、そして歯肉炎などの歯周病がないか、磨いた感じは優しい方がいいか、しっかり磨けた感、スッキリ感が重視かによって、適切な歯ブラシは違ってきます。


1.健康な歯茎で虫歯もない人

すっきりしない

歯ブラシは好みで選んで頂いてもかまいません。

ただ、基本は、毛のかたさは普通で、ヘッドは自分の口に合った大きさのものを選びましょう。ごくごく普通の歯ブラシで構いません。

迷ったら、次の2番の特徴を持つ歯ブラシがオススメです。


2.歯肉が健康で虫歯、磨き残しが気になる人

山切りカットや毛先の細い歯ブラシは、磨いているときに毛が寝てしまうので、向きません。毛の堅さは普通、ヘッドは小さめがよいでしょう。

1.毛のかたさは普通(磨く力が強い人もいるので普通を推奨)。
2.隅々まで磨けるように、ヘッドは小さめ。
3.山切りカットや毛先が細くなっているものはNG。
4.柄がまっすぐ。

右の歯ブラシは1本50円とお手頃価格なのに、隅々まで磨きやすい仕様。
シンプルイズザベストということで、エコ肌ではこの歯ブラシを推奨。



3.歯を磨くと血が出る人、歯肉炎、歯周病

普通に歯を磨いているのに血が出る、痛い、歯肉炎、歯周病。
こんなときは、柔らかい歯ブラシ、毛先が細い歯ブラシがよいでしょう。

1.毛のかたさは柔らかめ。
2.毛先が細い歯ブラシ。

毛先が細い歯ブラシと山切りカットは、歯医者さんには推奨されない歯ブラシの典型ですが、普通の歯ブラシでは血が出る、歯を磨くのに思わず力が入りすぎてしまう、歯肉炎などの場合には毛先が細い歯ブラシが重宝します。

歯肉のトラブルがなくなったら、普通の歯ブラシに替えるとよいでしょう。

ちなみに、毛先が細い歯ブラシの宣伝文句で「歯周ポケットの歯垢まで取る」みたいなことが書かれていますが、そこまで届くのは難しいようです。

やはりどんなタイプの歯ブラシでもしっかり磨くという基本が大事のようです。


湯歯磨きが適している人、適さない人

湯歯磨きが適している人:
1.しっかりと時間をかけて磨きたい
2.口の中が泡もぐれになるのが嫌
3.口周りに歯磨き粉が残ったまま出かけることがある
4.歯磨き粉が辛くて嫌

歯磨き粉を使った方がいい人:
1.コーヒー、紅茶などカフェインを含むものをよく飲む
→歯が黄ばみやすいので湯歯磨きの後の歯磨きで歯磨き粉を使いましょう。
2.歯を磨く時間があまりない人、面倒くさがり


湯歯磨きについて歯医者さんはどんな意見?!

歯磨き粉を使うか、使わないかは、歯科医師によって意見が分かれているようです。

しっかりと時間をかけて磨ける人は、歯磨き粉なしでもOKですが、面倒くさがりでササッとしか磨かない人(歯磨き粉使用でもなるべく丁寧に磨きましょう)、歯を磨く力が弱い人などは歯磨き粉を使った方がよいようです。

また、歯磨き粉の泡が邪魔になって磨きにくい場合は、湯歯磨きと歯磨き粉の歯磨きの併用もよいでしょう。

1.まず、1回口をゆすぐ。
2.湯だけで歯を磨く。
3.歯磨き粉をつけて再度歯を磨く。

ダブル歯磨きによって、歯垢もしっかり取れ、黄ばみも取れやすくなると言うメリットがあります。

ただ、口周りに歯磨き粉が残留しないよう、歯磨きの後、口周りをすすぐことをお忘れなく。

なお、私はとれるNo.1の姉妹品である「とれる・デ・フレッシュ」を1日1回使っています。口の中が泡もぐれになることがないので、歯磨きの邪魔にならず重宝しています。
また、歯磨き後、口周りに残留しにくいのも助かります。



歯ブラシの持ち方、磨き方

歯ブラシの持ち方は、ペングリップ法が基本。鉛筆を持つように持ちましょう。
そして丁寧にゆっくりと磨きましょう。

グーで握ったりすると、磨く力が強すぎて、歯肉から出血しやすくなるのでお気をつけ下さい。
また、早く磨こうとスピードを上げると、これも磨く力が強くなりすぎる原因となります。


しっかり歯を磨いた、でもまだ歯垢や口臭がある

どんなに丁寧に磨いても、歯垢が取り切れない部分があります。
歯医者さんに行って取ってもらうとよいのですが、筆者は大の歯医者嫌い。っていうか、歯医者が好きな人なんていないのかも。

私の場合は、定期的にSOSOROで口をすすぐようにしています。

磨き残しや歯垢が残っていると、すすぎ液と一緒に歯垢が出てきます。
歯磨き粉を使っている時は、ボロボロ垢が出てきましたが、湯歯磨きを続けていると垢が出なかったり、少なかったり。

歯垢が多く出てきたときは、ああ、歯磨きが不十分だったと反省します。


湯歯磨きと歯ブラシ まとめ

・歯茎や歯が健康、虫歯予防の場合は、普通の歯ブラシ。
山切りカットや先が細い歯ブラシは使わないようにしましょう。

・歯肉炎や歯を磨くと血が出るほど歯肉がデリケートな場合は、柔らかい歯ブラシ、先が細い歯ブラシを使うとよいでしょう。

・歯ブラシの持ち方はペングリップ法でやさしく丁寧に磨こう。
グーで握って磨くと、歯肉炎、出血の元になります。

・湯歯磨きが適している人は、ノンカフェインの飲み物を基本にのみ、しっかり丁寧に歯磨きできる人。しかし、歯磨き粉をお使いの方もできるだけ丁寧にゆっくり歯を磨きましょう。



↑ PAGE TOP