湯シャンで頭皮の常在菌環境を整える

湯シャンを実践してみると

湯シャンは、常在菌環境が整っていないうちは、頭皮の臭いやかゆみ、髪のベタつきで悩まされます。毎日シャンプーをしていたり、リンス・トリートメントなどのヘアケアを念入りにされていた人ほど湯シャン初期に頭皮の臭いやかゆみに悩まされがちです。

界面活性剤などで常在菌環境が乱れていると皮脂がうまく分解されず、残って酸化して頭皮の臭いの原因となります。(最近は、湯シャンしている方だけでなく、普通にシャンプーをされている方も頭皮が臭い傾向にあります。)

しかし、いちど常在菌環境が整うと頭皮の臭いやかゆみ、髪のベタつきはなくなっていきます。
髪がしっとりとした感触になり、ツヤが出てきます。

また、髪にシャンプーなどが残留しないので肌荒れの対策にも適しています。
私は、肌断食と湯シャンを併用してニキビや赤みが出にくくなりました。

また、髪にツヤが出てきました。
ただ、湯シャンは、髪にゴミがつきやすいのでブラッシングはマメにする必要があります。


湯シャンでも頭皮の臭いやかゆみ、髪のベタつきは対策可能

湯シャンを始めたばかりの人は、頭皮の常在菌環境が整っていません。
なので、髪や頭皮の臭いやかゆみ、髪のベタつきの対策が必要です。

はじめのうちは完全湯シャンにこだわらず、自分に合うペースを見つけるとよいでしょう

また、湯シャンにはコツもあります。

このページでは、私が湯シャンに至った経緯と快適な湯シャンのために工夫したこと、そして湯シャンを行った結果、実感した効果を写真付きで紹介します。


私が湯シャンを始めようと思った理由

フケだらけ
くせ毛

湯シャンを始める前は、さほど頭皮や髪のことを気にしていませんでした。

髪が多い私は頭皮が強いからスーパーで売っているシャンプーでも大丈夫と思っていました。

しかし、気づかないうちに頭皮がかさつき、フケもぐれに。
頭皮がかゆく、掻いたらさらにフケまみれに。
知り合いの美容師さんからも指摘されてビックリしました。

そういえば、洗い流しも雑だったかもしれません。
頭皮もどんどん赤くなっていきました。

それだけでなく、以前はまっすぐだった髪もくせ毛になってしまいました。
後から知ったのですが、後天的にくせ毛が出てくるのは、髪と頭皮がいたんだ証拠であり、薄毛の兆候でもあったのです。

シャンプーやリンス・トリートメントが髪や頭皮によくないことは知っていたので、思い切って湯シャンを実践してみました。

最初は湯だけで洗い流しても、ねっとりしたままだったので汚れが落ちていないのでは?と不安になりましたが、いやいや、これが自然なのだと思い直し、湯シャンを続けました。

今思えば、常在菌環境が整っていない頭皮で強行突破したものです。
もう少しゆっくり湯シャンに移行していけば、頭皮の臭いで苦戦しなかったと思います。
とはいえ、常在菌環境が整った現在では頭皮の臭いは消えており、快適な頭皮と素肌を保っています。
湯シャンを始めようとしている方は、最初のうちは常在菌環境が整っていないことがほとんどなのでゆっくりと湯シャンに移行することをおすすめします



湯シャンのベタつき対策はブラッシング

髪が濡れているうちは頭皮が臭うと家族に指摘され、対策を考えていました。
う~む、乾いている時は臭わないけど、乾かすときと濡れている時が臭うようです。

ネットで検索すると「非接触皮膚化学」というページを発見!

このページを熟読すると、髪のベタつきはブラシにも関係していると判明。
湯シャン前には獣毛ブラシでしっかりとブラッシングしてある程度汚れを取っておくことが重要だと知りました。

左は、amazonでベストセラーの豚毛ブラシ。
右は、湯シャン愛好家にも人気の猪毛ブラシです。

髪が柔らかく少なめの方は豚毛ブラシを、髪がしっかりして多めの方は猪毛ブラシを選ぶとよいとのことです。
また、天然木だと湯洗いするとひび割れを起こすので、プラスチックの柄がよいとのこと。「ABS樹脂」と書かれたものを選ぶとよいとのことでした。

使い方は、洗髪前に、前から後ろに50回、後ろから前に 50回ブラシで髪をとかします(ボブ~ロングは100回ずつが望ましい)。

また、綿手袋で湯シャン時に髪をぬぐいます
私は面倒くさがりなので、湯シャン初期頃だけハンカチでぬぐっていました。(現在、私は湯シャン5年以上ですが、ベタつきがないので、そのまま流しています。
ただし2度洗髪します。)

上記の方法によって、大分髪のベタつきがなくなりました。
頭皮の臭いは湯シャンを始めてから4ヶ月くらい経過後になくなったそうです。
その頃には頭皮のかゆみもひいていました。

ただ、髪にゴミがつきやすいので獣毛ブラシでのブラッシングが必要です。
※獣毛ブラシを探すのに奮闘した記録は、別ページに移しました。
※プラスチックのブラシに慣れている方は、プラスチックのブラシでもOKです。
獣毛ブラシ同様に、こまめに洗ってお使いくださいね!


獣毛ブラシのお手入れ

湯シャン前に髪や頭皮の汚れを獣毛ブラシで取っていると、当然、獣毛ブラシは汚れてきます。

以前は、トップクリアリキッドや頭皮用シャンプーなら大丈夫と思ってこれらで洗ったこともあるのですが、毛が横に広がっちゃいました。

そこで、獣毛ブラシを洗面器の湯の中でアクリルたわしでぬぐって洗う方法に変更。
アクリルたわしだけでもよく汚れが落ちます。これだけでも結構な期間もちます。
アクリルたわしは100円均一などに置いてあります。探してみてくださいね!

汚れがヒドイ場合は、サウンドスタイルの中性洗剤で洗うとよいそうです。


初期のトラブルに見舞われないために

くりかえしますが、毎日シャンプーを使っていた方、リンスやトリートメントもされていた方、朝晩シャンプーをされていた方は、すんなりと湯シャンに入るのは難しいです。
つまり、ほとんどの方が湯シャンに挫折しやすいということです。

また、頭皮の常在菌環境や皮脂腺が正常に戻るのにも時間がかかります。

フケやベタつき、臭いの嵐では不快感がありますし、きれいになろうと実践しているのに汚いようでは意味がありません。

そこで、このような方が実践される場合は、徐々に湯シャンに移行することをおすすめします。

まずはシャンプー液を使うのを1日おきにし、それに慣れたら2日おきにするなど、段階的に取り入れるのがよいでしょう。ちなみにシャンプー液を使わない日は、無シャンではなく、ちゃんと湯シャンして下さいね。お湯で丁寧に洗いましょう。


補助には米ぬかベースの粉末が便利

なお、湯シャンの補助として、とれるNo.1粉末(麦や米のヌカを粉末にしたもの)や小麦粉シャンプー等を使われるのもよいでしょう。

市販のシャンプー液に比べれば、ずいぶんと頭皮や髪へのダメージが抑えられます。

たとえ完全湯シャンになれなくても、シャンプー液を使うのが週に1~2回とか、シャンプー液を補助に替えるだけでも肌や頭皮へのダメージがかなり軽減されます。

補助についての詳しいことは、湯シャン導入のページをご覧頂ければ幸いです。
小麦粉シャンプーは産毛剃りにも使えて便利です。
とれるNo.1粉末は浴槽も洗えて、お風呂の洗剤による肌荒れの心配もありません。

自分に合う湯シャンペースを見つけるのもよいでしょう。



湯シャンに便利な道具がそろうお店があります

なお「非接触皮膚科学」からリンクした通販ページのサウンドスタイルで、湯シャンに適した獣毛ブラシやブラシクリーナーを取り扱われています。
抗菌加工(肌に刺激となる)がされていないので、安心です。

また、これから湯シャンを始める方に便利なお湯洗髪完全セットもあります。
これから取り組む方にもわかりやすく、親切設計だと思います。


湯シャンで実感した効果

頭皮

以前はなかった髪のツヤ

まっすぐストレートな髪に

湯シャンを続けていると、くせ毛やウェーブが段々落ち着いてきました。

そしてなんと!天使の輪!髪にツヤが戻ってきたのです。
髪のぱさつきも改善しました。
自然の皮脂のリンスでしっとりサラサラです。

湯シャン4ヶ月~半年を経過する頃には、頭皮の臭いもなくなりました(周囲の人や家族に確認済み)。→湯シャンの臭い対策ヘ

また、ただでさえ多い髪がさらに増えてしまいました。

湯シャン半年以上経過した頃には、1日の終りの洗髪で小さなダンゴになるくらい髪が抜けます。

生え変わるので問題ないのですが、髪が伸びるのが速く、美容室ですいてもらう回数が増えてしまいました。

放置しているとかなりのボリュームになります。
横に広がるふんわりヘアもいいのですが、顔に髪がかからないほうがいい(肌荒れしやすい方の場合)ので、つい、まとめてしまいます。

※生まれつき天然パーマの人は湯シャンにしても直毛にはなりません。
ただ、髪がしっかりしてきたり、つやが出てきてきれいなウェーブになるようです(母親の例)。


1本の髪の太さが均等に!

頭皮

頭皮に髪が密集

湯シャンをしていて気づいたのですが、1本の髪の毛の太さが均等に近くなりました。

くせ毛だった頃は1本の髪の毛の太さが太いところとそうでないところと太さがマチマチでべコボコした感じが目立ちました。

このような毛は連球毛などと言われ、くせ毛の元となるようです。

今は太さがほぼ均等になり、直毛。
子どもの頃、直毛だった人は、頭皮を傷めるもの(シャンプーやリンスなどのヘアケア製品)を避けることを長期に実践していると、直毛に戻る場合があるようです。
ただし、すでに髪の傷んでいる部分は戻りません。切って新しい髪を生やすとよいでしょう。

なお、くせ毛の原因は髪を乾かさずに寝ることも原因となりますので、湯シャン後は丁寧に乾かすとよいでしょう。


くせ毛が改善し朝のセットもかんたんに

くせ毛

髪が綺麗

髪が多くてくせ毛だった以前の私。朝のセットも一苦労でした。
(まぁ、乾かしたり、寝る前にブラシでとかしたりすることもしなかったから、当然なのですが)

しかし湯シャンに切り替えて半年以上経過した今は、髪が素直なので、寝グセがなおしやすく、セットしやすいです。手櫛でも十分間に合いますが、天然木コームでといたり、獣毛ブラシをかければ、さらにきれいになります。
朝の忙しい時間、髪のセットが短時間で済み、助かります。

経済的で、しかも美しい髪に。湯シャンは最初こそ大変ですが、慣れると嬉しいこといっぱい。

髪がきれいになったので、ショートだった髪型をセミロングにして、おしゃれを楽しもうと思ったのですが、湯シャンが大変なので、またショートに戻しました。
やはり筆者はズボラなようです。


最後に

シャンプーをやめると、髪がしなやかになったり、ツヤが出たり、寝ぐせがつきにくくなったり、ボリュームが出たり、いろいろといいことがありました。

しかし男性で脂性がひどい方や髪がかなり傷んでいる方など、湯シャンにすんなり慣れないケースがほとんどですので、イキナリでなくゆっくりと移行していくことをおすすめします。

湯シャンをしたいけど慣れない、難しいという方は「湯シャンを快適に行う方法」と「湯シャン導入に便利なもの」を読んでみて下さい。

また、完全湯シャンにこだわらず、自分に適したペースにすることも大切です。
自分の肌や頭皮、髪に合うペースが見つかるといいですね!



↑ PAGE TOP